勃起障害の原因

現在勃起障害に悩む男性は非常に増えており、こういった症状に悩んでいる人は決して珍しくありません。
勃起障害は加齢による原因もありますが、その理由は年を重ねたことだけにあるわけではないのです。
ストレスや不規則な食事、運動不足やお酒の飲み過ぎなどもその原因となっています。
もちろん薬を飲んで勃起障害の治療を行うことも可能ですが、まずはこういった生活パターンを改めることで改善ができる場合もあります。

そもそも勃起とは性的な刺激が加わったことによって陰茎海綿体の動脈が大きく広がり、血液が流れ込んだ状態のことです。
しかし動脈硬化等の障害がある場合には陰茎海綿体の動脈が広がらなくなってしまうので、十分な血液が流れ込まずに勃起が起こらなくなります。

勃起障害の原因としてもっとも多いものは糖尿病や高血圧、高脂血症等の生活習慣病です。
こういった病気ににかかると勃起障害になるリスクがぐんと跳ね上がることになりますが、これに喫煙や過度の飲酒が加わることでそのリスクはさらにアップするのです。

そして20代から40代の勃起障害の多くは、心理的な要因となっています。
これはストレスやうつ、不安等からくるものありカウンセリングや薬の服用で治療ができる場合がほとんどです。