プロペシアの副作用で太るケースがある?

クリニックで受けられるAGA治療として、最もスタンダードなのが「プロペシア」内服薬による治療です。

AGAとは男性ホルモンが大きく関わり、髪が抜けやすくなる症状で、特に生え際や頭頂部にかけ、薄くなるのが特徴です。
テストステロンという男性ホルモンが、5αリアクターゼという酵素と結びつくと「ジヒドロテストステロン」という、男性ホルモンへと変化します。
ジヒドロテストステロンは毛根の、細胞分裂を抑制したり、細胞自体を壊してしまう為、ジヒドロテストステロンが増えすぎてしまうと、健康な髪や成長期にある髪でさえ、抜けやすくなってしまうのです。
ですが、毛根自体は残っている為、治療により発毛を促す効果が期待できます。

プロペシアはテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変わるのを抑える作用がある為、AGA治療に有効な薬と言われています。
ただ、薬には何かしらの副作用もつきものです。
プロペシアを服用する事で、気になる副作用も出てくる恐れもある為、その点は注意しましょう。
服用した方の中には、太るといった副作用を訴える方も、少なくありません。

実際、プロペシアに太るという副作用はあるのでしょうか?
服用した事で体重が増加したり、脂肪がつきやすくなるといった、副作用は起こらないと考えられています。
ただ、男性ホルモンに影響を与える薬ですので、その関係上太るというよりは、痩せにくくなるようです。
プロペシアを服用したからといって、必ず太るという訳ではありません。

副作用としては性欲減退や、肝機能障害、胸が大きくなるというケースが挙げられます。
このような症状が出た場合は、すぐ服用を中止してAGA治療を受けているクリニックに相談しましょう。