プロペシアの個人輸入品の価格について

プロペシアはフィナステリドと呼ばれている成分が主成分となっている医薬品で、男性型脱毛症の治療薬として利用されています。
また、プロペシアは専門医の処方が必要とされる医薬品であり、AGAの専門クリニックなどで治療を受ける事で処方されると言う特徴が有ります。

尚、プロペシアは男性型脱毛症の薄毛に対する効果は有りますが、他の薄毛に対する効果は無く、しかも女性が服用する事で副作用が起きる事、妊娠中もしくは妊娠の可能性が高い女性が服用する事で胎児への男性機能に悪影響を及ぼす事からも注意が必要だと言われているのです。

最近は、プロペシアと同一の成分を含んでいるジェネリック医薬品を個人輸入代行を行う通販サイトなどで購入する事が出来るようになっています。
個人輸入代行と言うのは、海外で製造販売されているジェネリック医薬品を輸入を行い、通販サイトの中で販売を行っているもので、ジェネリック医薬品と言うことからも、先発医薬品と比べると価格が安いと言うメリットが有ります。

プロペシアは病院で処方される医薬品であり、男性型脱毛症は自由診療の取り扱いになるため、治療費や薬代は全額自己負担となり、経済的な負担が大きくなります。
これに対して、個人輸入代行を行う通販サイトは、先発医薬品よりも価格が安いジェネリック医薬品を取り扱っていますので、同じ効果を持つ事からも個人輸入代行の通販サイトで購入をした方が価格が安くなると言うメリットが有るわけです。

しかしながら、先ほども説明を行ったようにプロペシアに含まれるフィナステリドは稀に男性機能を低下させてしまう副作用が起きる事が有ること、そして男性型脱毛症以外の薄毛には効果が無い事からも専門医に相談をした上で購入して利用する事が大切です。