プロペシアに併用禁忌薬はある?

プロペシアはAGA治療薬として、広く知られています。

AGAは「男性型脱毛症」という症状で、この名前の通り男性に起こりやすいのが特徴です。
男性ホルモンの「テストステロン」が、5αリアクターゼという酵素と結合すると、「ジヒドロテストステロン」へと変化します。
テストステロン自体は髪に影響を与える事はありませんが、ジヒドロテストステロンへと変わってしまうと、大きな影響を与える原因となるのです。

ジヒドロテストステロンは毛根にある、髪を作る毛乳頭の働きを阻害してしまいます。
毛乳頭の働きが悪くなる事で、健康な髪も抜けやすくなり、また新たに髪も生えにくくなってしまうのです。
プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を、抑制する作用がある為、AGAの治療に有効です。

ただ、病院ではプロペシアの内服薬を処方されるケースが多く、体への影響を心配する方も少なくありません。
特に、薬という事もあり一緒に飲む事で体に害が起こる併用禁忌が無いか、気になる所です。

プロペシアには併用禁忌薬は無いと言われています。
市販の風邪薬や頭痛薬と飲んでも、体に悪影響が起こる心配はありません。
AGAの治療としてプロペシアの他に、ミノキシジルを処方されるケースもありますが、ミノキシジルと一緒に飲んでも大丈夫です。
ですので、安心して服用できますが持病があり、何らかの薬を飲んでいるという場合は、医師に事前にそのことを報告して併用禁忌ではないか、相談しましょう。

また、副作用も稀にではありますが、起こるのでその点は注意する必要があります。
プロペシアの副作用には、性欲減退や肝機能障害などが挙げられます。
特に肝機能障害は重くなると言われている為、プロペシアをアルコールで服用する事は、絶対に避けましょう。