プロペシアと副作用、勃起障害の関係

プロペシアは、AGAに効果のある医薬品として、近年注目を集めている薬ですが、実は副作用も報告されています。
AGAの治療薬には、ミノキシジル、フィナステリドが有効とされていて、プロペシアは、フィナステリドが主成分です。
どちらも副作用が報告されていますが、特に多いのは、ミノキシジル入りの育毛剤です。
育毛効果が現れるまでにかかる時間は、プロペシアは半年、ミノキシジルは驚異的な速さで、1ヶ月~3ヶ月です。
これらの医薬品は、男性ホルモンを抑制することで、薄毛、抜け毛を防止し、育毛促進の効果が得られるため、男性ホルモンと大きく関係しています。
副作用の多くは、勃起障害や射精不全などのED症状で、
プロペシアやミノキシジルを服用している男性は、健康診断などで、前立腺の数値が低い場合があり、生殖器に何らかの影響がある事が分かっています。
しかし、全ての人に影響があるわけではありません。
プロペシア 副作用が見られる人は1%程です。
基本的には、こうした医薬品は、病院で医師の指導の下、的確な量や期間で服用します。
副作用1%というのは、医師の指導の下、治療した場合でも起こる数字です。
しかし、プロペシアやミノキシジルは、個人輸入により手に入れることも可能な医薬品のため、個人の勝手な判断で、一日の服用量を増やしたり、副作用が出ているにもかかわらず、継続して服用しつづけるなどした場合は、もっと深刻な問題に発展しかねないのです。
ですから、重大な副作用を避けるためにも、必ず医師の指導の下、的確な服用量と期間で使用することが大切です。
個人輸入の方が安いので、つい頼りたくなってしまいますが、病院で処方してもらう事が絶対おすすめです。
病院で処方してもらうと、通常1日1錠の服用で、一か月分は7千円~8千円です。

▼プロペシアのジェネリック医薬品はこちら
プロスカーの効果効能について詳しく説明を読んで購入してください